小玉紫泉つづれ織りの世界「美しき地球」
11月23日〜26日

小玉紫泉つづれ織りの世界「美しき地球」
西陣織の中でもより精緻な柄を爪で織りあげる「爪掻本綴織(つめかきほんつづれおり)」の伝統工芸士が これまでに感動した景色を織物で表現
「勿体ない大切な資源、大切な地球」の思いを込めた作品も出展
11月23日〜26日
4F ギャラリースペース 10:00 ー 18:00在廊
4F ラウンジスペース  11:00  ー 21:00
小玉紫泉
手織作家、西陣織伝統工芸士、京の名工認定者
1982年独立 
立体的かつ芸術的な帯を目指して独自のデザインとアイデアの作品を制作し続けている。
帯製織のかたわら、2009年より地球資源の勿体なさを感じ絹糸の端糸などで作品制作、また地球の美しく感動的な景色などを織り始める。
2010年仏国パリ・アラス・パリ日本大使館公邸などにてグループ展と着物ファッションショー開催。
2012年カンボジア王国視察、女性省大臣と会談。
2015年ハワイ各地にて講演。
その他毎年福岡や東京などで個展またはグループ展開催。
受賞歴:
通産大臣賞、文部科学大臣賞、京都府知事賞、経済産業省功労者表彰など受賞多数。
TV出演、新聞・雑誌など毎年メディアに掲載。
11月23日〜26日
4F ギャラリースペース 10:00 ー 18:00在廊
4F ラウンジスペース  11:00  ー 21:00
アクセス、お問い合わせ